このドラマはNetflixで視聴可能です。
とにかく面白いです!シーズン1はほぼ一気に観ました。
この作品の内容をざっくりいうと、

韓流時代劇×ゾンビです。

まずこれが新しいですよね。韓国の歴史ドラマに出てくる武士達とゾンビが戦うという図式だけでワクワクします。
しかもこの作品を実際に観てみると、かなり骨太な作りになっているのです。とにかく戦闘シーンが大迫力です。血もしっかり出るし、首も飛ぶし、その辺の描写はかなり信頼が置けます。

それから、これは韓国映画を観ていていつも思うことなのですが、作り込みが凄いです。この作品の見どころの1つである首都「漢陽」の宮廷も城の外観から内部、働いている人々の生活に至るまでしっかりと描かれています。さらにはこの作品で鍵となる各都市の農村なども、その外観から住んでいる人々の生活風景まで一切手抜きなしで作り込まれています。
端的に言うと、『登場人物がちゃんと息をしている作品』です。
「昔の韓国ってこんな感じだったんだ。」「宮廷内の人事ってこんな感じなんだ。」「こういう風に国を治めてるんだ。」「こんなに人の生活に格差があったんだ。」など観ているだけで勉強になるレベルです。

僕は韓国ドラマを全然観ないし、韓国の歴史もほぼ無知ですが、この作品は歴史を知らない人が観てもだいたい掴めるようになっています。といって、日本の時代劇のように『この時代、民衆は重税に苦しみ、社会制度はこのようであった』のような解説は一切ありません。ただ徹底した作り込みのクオリティによって、観ているうちに解ってくるのです。

あとは各登場人物を演じる役者陣が1人残らず良いです。特に主演のチュ・ジフンさんは最高です。この方を知ったのは、あの凄い映画『アシュラ』です。僕は「アシュラ」の登場人物も全員大好きなので、「あのソンモ(アシュラ内の役名)が主役をやっているだけでとりあえず100点じゃあ!」くらいのテンションですが、もちろんソンモ以外も全員素晴らしいです。でもあの哀しい男ソンモがこの作品で堂々と立っている勇姿を観るだけで毎話泣きそうです。

あとこれは無粋ですが、この作品にはくだらねー恋愛だの好きだの愛してるだの行かないでだの待ってろよだの色恋云々はほぼ無なのでそこも良いですよね。

まだ観てないし、そもそも有料動画配信に懐疑的だという方は、この際私に騙された上ですぐにNetflixに課金し、一気観することを強くおすすめします。