毎年秋に行われていた娘の小学校の運動会は、今年は5月開催になりました。

理由は、今年から3年かけて校舎を大改築するため、秋から運動場の半分をプレハブにするためです。

子ども達は短い期間で練習しなくてはならないので大変だろうなと思いました。


そして、この運動会において町内会長である私にもミッションがありました。

我が町内会とお隣の町内会とで前日に団地のテントを設営するのです。

そこで運動会前日の土曜日の夕方に小学校の運動場へ行ってみると、そこでは大勢の人たちがそれぞれの団地のテントを立てたり、自分の家のテントを立てたりしていて賑やかでした。

運動場の周囲にずらりと並んだテントと、その頭上に張り巡らされた万国旗はまるでお祭り前夜のような雰囲気で、翌日の運動会が楽しみになりました。

しかし今年の五月は暑く、テントの設営はもちろん、当日の撤収作業もけっこう大変でした。
それでも、これまで全然知らなかった近所のお父さん達やお母さん達と知り合ったり、話をしたりしてなんとなくコミュニティが広がった気がしました。

運動会当日は、中学校時代の友人と再会できたりということもありました。

町内会ミッションはめんどくさいし、大変ですが、地域の人と繋がったりできる所はいいなと思います。